TaoTronics TT-BH072017年03月27日 23:59

取り敢えず買ってみた。(^_^;)
ライターがぶっ壊れたので、そのついでではあったのだが。

Amazonにしては珍しいエアクッション!

大きなつづら・・・ではなく、大きい方の箱にはイヤーピースとフックとか。
取説も何カ国語か知らんが日本語もあり。

小さい方の箱に本体。
ビニタイは捻ってなく巻いてあるだけだった。

さっそくZenfone2 Laserとペアリング。
ちゃんとaptXの表示出た。(あたりまえ)
最初は高域がガッサガサの音で、やっぱ安物か・・・
と思ったが、15分も鳴らしてたら落ち着いた。
意外と定位感が良くてビビった。
高域のガサガサも最初だけで、キメ細やかさはないけど、
全然イケる感じ。
低域はボワつくこともなく十分な再生能力。
これで3000円てコスパ良すぎるやん。
イヤーピースだけはちょっと合わない。
一時間もはめてると接触の違和感が。
代わりに何かと思ったが、手持ちのSONYのもオーテクのを試すが、
これステムが細くてスポスポやん。
唯一C710のヤツだろうか?形状はそれっぽいのが少し緩めだが
付いたのでそれでしばらく聴いてた。
あとフックは右耳がどうもしっくりこない。
左はすんなり収まるのだが、右は外れてくる。
大に換えてみたけど同様だった。

まぁ、なんにしても良いな。
QY7が少々残念だったのでかなり良いカンジ。
これは良いものだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2017年3月の日本国総理大臣の姓(名字)を平仮名二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。


count from 2010-04-13