本能12019年08月02日 23:59

当家最後の猫だったちま吉が死んでもうすぐ3ヶ月。
ちまが死んでしばらく経った時に嫁が言うには
「家に帰ってからひと言もしゃべってない」
日々に寂しさを感じると。
そんなに話しかけてたんかと。(^_^;)
私は家に帰っても名前呼ぶぐらいだったが。
あとは抱っこして膝に乗せてスキンシップ。
そういえば、昔いたコマちゃんなんかは嫁さんの足元で
一生懸命嫁さんの顔を見上げながらくにゃくにゃ鳴いてたのを見た。
また、にゃぶちゃんは眼力で嫁の注意を引いて
ゲゲッゲゲッと鳴いて食い物を要求していたが。
あれは猫と嫁の間に言葉のコミュニケーションが成り立っていたのか。

その後あたらしいおともだちが出来て、嫁さんの来も紛れたようだ。
この三毛さんは私と嫁の活動を理解していて、
朝私が出掛ける時、昼に嫁が出掛ける時、夕方私が散歩に行く時、
寝る前にプランターに水をやる時にやって来てメシクレーと。(^_^;)
そしてもう一匹オスの黒猫も常連に。

彼は夕方から夜にしか来ない。
三毛さんは耳がカットされてるのだが、この黒はタマタマ付いてる。
そして三毛さんは猛烈に彼を嫌っている。
時々鉢合わせして三毛さんがシャーって言って逃げていく。
この黒猫さん、身体は大きくないのに大食い。(^_^;)
ネコ缶ひと缶はペロッとたいらげてまだなんかクレと。
三毛さんはネコ缶よりドライフードが好きなのだが、
この黒はドライフードはぜんぜん食べない。
そんな時嫁さんはちま吉にやってたように鶏肉を水茹でしたのを
やっている。

そんなカンジで三毛さんは日に何回もやってきていたのだが、
2週間ほど前の朝に来てからプッツリと来なくなった。
3日経っても4日経っても来ないので、野良猫の寿命は5年とかいわれて
るし、もしかして死んだのかと思う。
来なくなって一週間ほど経った夕方、嫁さんが帰宅した時に来たらしい。
しかし夕方だったので黒猫とバッティング。(^_^;)
案の定どこかへ行ってしまった。
まぁ、死んではなかったのかと安心したが、それから数日来ることはなく。
そして先日の朝、何気なく玄関を見たら戸の前に三毛猫のシルエット。
戸を開けたらいつものようになんかクレーと。(^▽^がはは!
私は出勤だったので食べる様子も見れず撫でることも出来ず。
そしてそれから数日経つが、それからはまた来ていないと。

猫さんがおいしそうに食事をしているのを見ていると
なんか幸せな気分になる。
私は人の子の親ではないのでよくはわからんのだけれど、
子供がおいしそうにご飯を食べているのを見ているとやはり
同じような気分になるのだろうか。
小難しい言葉で言うよりもそれって本能じゃないのか。
本能=野蛮みたいな勘違いはどうよ。
恋愛だって名誉欲だって食欲だって睡眠欲だって
みんな本能じゃないか。
自らの本能に目を背けるのではなく、向き合ってコントロールしてこそ
人間なのではないだろうか。
などという事を暑苦しいなか考えていたのであった。(^▽^がはは!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2019年7月時点の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13