助手のいない悲しさよ2019年05月12日 18:49

一昨日当家最後の猫ちま吉が死んだ。
助手の助手たる思い出。

いつでもそばにいた。

そしていつもどこかくっついてた。

暑い時期でも。

寝転がってる時でも。

ギターを弾いてる時でも。

ベースを弾いてる時でも。

膝の上はいつでもちま吉の場所だった。

布団乾燥の邪魔をするのも重要な仕事だった。

そして俺様の枕を占領するのも。
て、昨日も寝る時枕半分あけて寝たよ。
腹水が溜まってからはもう一緒に寝ることもなかったのに。

昨日はちま吉の画像を全部集めてた。
そんな事でもしてないと悲しすぎて泣いてしまいそうだったから。
ちま吉が写ってる画像は3000枚余りあった。
ほとんどが膝に乗ってるところだったけど。
なんでもない膝の上に乗ってるちま吉の画像。
でもな、ちま吉が膝の上でくつろいでるのが俺は嬉しかった。
そしてそれはとても幸福な気持ちになれる時間だったんだ。
ちま吉は夏でも冬でも膝に乗ってきたから。
布団で一緒に寝るのは寒い時期だけだったけど。
思い出が多すぎてお前がいなくなったことが寂しすぎる。
そして悲しい。

15年間本当にありがとうちま吉。
みーこ婆さん、うりぽん母さん、はにゃん、たぬ公兄弟たちと
仲良く待ってておくれ。
またいつか、ぬくぬくになって一緒に寝よう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2019年7月時点の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13