斎場へ2019年05月11日 23:59

昨日亡くなったちま吉を斎場へ連れて行く。
昨日は非番で今日明日は連休だった。
「死ぬ時は俺のいる時に」
と言ってたのだけれど、本当に律儀にその通りに。

嫁さんは昼から仕事だったので、昼から一人で斎場へ行こうと思ったが、
最後の猫ぐらいは夫婦二人で行く方がいいかと思い直す。

斎場は山の上。
この道を何十回と上がってきた。
何十回と涙をこらえて下ってきた。
いや、何回かは途中で止めて泣いたこともあったけど。

淡々と手続きをして、別れを告げて外に出る。
駐車場の奥に動物慰霊塔があるのは知ってたが、
今まで一度も行ったことはなかった。
今回はうちの大おっかさん猫みーこちゃんに報告に。
「約束は守ったで、最後の子を連れてきた・・・」
それ以上は号泣しそうになったので続けられなかったが。
みーこちゃんとの約束。
多頭飼いで崩壊しそうだった時に、それでも全部最後まで面倒をみる。
一匹一匹不妊手術をしていった。
多い時には30匹ぐらいいたのではないか。
そうして最後の子として生まれたのがちま吉だった。

いつかはその時が来る。
それはわかっていたことなのだけれど。
やはり悲しい。

嫁さんが仕事に出掛けてから片付けをする。
猫のトイレ、給餌器、そしてオレ様の余計な仕事も撤去した。
ちま吉のために買った腎臓ケア用のフードもひと箱ムダになったな。
猫砂もネコ缶も・・・

今日から猫のいない生活。
この家に引っ越してきて20年余り。
その頃は猫だらけで、どっちを見ても猫がいたのに。
寂しい。
そして悲しい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2018年3月の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13