意味不明な自粛の押しつけ2011年04月01日 19:55

今日は日勤だった。
帰りの電車に揺られていると、
JRのホームに設置されているジュースの自販機の
照明がことごとく消されていた。
販売はしている模様。

駅から自宅に向かう途中で商業施設を通り抜ける。
入り口に小さな張り紙がしてあり、
「震災のため、照明を自粛しています」
と書いてあった。

前にも書いたと思うが、ここは関西電力のエリア。
被災地とは電圧は同じでも周波数が違う。
周波数変換施設の容量は100万kWだったか。
いくら節電しても盗電の助けにはならない。
むしろ思うのは、商業施設ともなると一日の電力量は
うちの家の一ヶ月分など楽勝で超えるぐらい使ってるだろう。
自粛の名の下に浮いた電気代を義援金に回すのか?
あるいはポッポナイナイするつもりなのか?
関電の売り上げは確実に減るだろうし。

そうして帰宅して、嫁が見ていたテレビに目をやると
「無駄な電話はやめよう」
「無駄なメールはやめよう」
「買いだめはやめよう」
「被災者のことを考えて自粛しよう」
(前は文字だけだったのが、タレントが出てくるバージョンだった)
はぁ?
被災してない人間にも同じ状況を味わえと?
じゃあ、被災地以外で一万人死ねよ。
そのあと始まったクソつまらん歌番組なんかやめちまえよ。
計画停電からも外れた場所から、被災地に元気を送るとか、
詭弁もいい加減にしろよ。
テレビ局が率先して節電してみせろよ。
意味が分かれへんわ。

まぁ、買いだめはやめて欲しいけど。
こんなときに限って何年かに一回ぐらいしか交換しない
コンロの電池が切れやがった。
電池売ってないし。

だいたい原発の周りに住んでいた人たちは帰れないかも知れない。
少なくとも原発がおとなしくなるまで数十年とかいう話も。
数十年は被災者はいなくならない。
じゃあ、数十年は自粛してろよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
第100代日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな3文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13