Inateck BR1008通勤テスト2021年01月22日 23:31

ようやく先日買ったInatech BR1008を電車で使ってみた。
まず一発目おとといの朝駅のホームでイヤホン耳にぶっ挿して電源オン。
Zenfone 4MAXとペアリングして再生。
代々音楽再生はサブ機の仕事なので。
な、なんと10秒に一回ぐらいブツブツブツと音が切れる。
はああぁぁぁぁぁああぁぁぁあ?
家ではそんなことならんかったのだが。
先代のZenfone 2LaserとMR230Bと同じ条件で使用してるのだが。
スマホは肩掛けカバンの一番外のポケットに。
レシーバーは肩紐に付けた携帯用(スマホ用ではない)ポーチに。
距離は20cmもないと思うが、まさかこの距離で電波が届かんとかはない
だろうと思って、すぐ横で手に持って見たけど変わらず。
電車が走り出したら30秒に一回ぐらいブツブツブツに変わったけど、
鬱陶しいのは変わらんわ。
乗換駅に着いてたまらずZenfone MAX(M2)とペアリングしたら大丈夫。
そこで気付いたがM2は無印aptXでHDじゃないんだ。
開発者オプションにはaptX HDはあるけど選べない?
更に気付いたのは4MAXでaptXの通知タップしたら無印とHDが交互に
切り替わるんだ。
aptXだとほぼブツブツ切れないが、わざとなんじゃないかと思うぐらい
(HDと比べて)音が悪い。
こちらも開発者オプションでいろいろ(ビットレートやサンプルレートを)
触れるけど元に戻ってしまうので意味なし。

そして昨日は非番で帰ってくるときは4MAXで再度ペアリングして帰って
来たが何回かは切れたけど一昨日ほどではなかった。
家に帰ってから実験してみたが、電波が弱いとかそういうのではない。
今まで使ってきたレシーバーだとスマホを2階に置いといて、
聴きながら1階に降りて便所に入ったらブツブツ切れたのだが、
これはまったく切れないので。
じゃあ、取り敢えずペアリングをいっぺん削除してやり直し。
BR1008の取説読んだらLow LatencyモードをOFFに出来るというので
やってみた。

そして今日は日勤。
朝電車に乗り込んで電源入れたらやっぱりブツブツブツと切れた。
が、電車が走り出してからは切れることもなく。
帰りの電車でも切れることはなかった。
結局何が功を奏したのかはわからんけど、まぁイイか。

それにしてもaptX HD侮り難し。
全体に固く(キンキンではない)しっかりした音。
シンバル系の鳴り方は良い。
久しぶりに音楽を楽しみながら電車に乗れた気がする。
今は引退したCowon D2は超えた・・・だろうもう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13