Squackettが大人気2012年06月12日 23:10

先日発売となったChris SquireとSteve Hackettのユニット
SquackettのアルバムA Life Within A Day。
Amazonの発送に翻弄されつつも無事入手
その後、当blogに「Squackett」やそれに類するキーワードで来られる
人がかなり多いので、意外と注目されてるのかしらん。
もはや(うちのblogでは)大人気だな。(^▽^がはは!
てことで調子に乗ってそのA Life Within A Dayの感想など。

私はSteve Hackettのファンであります。
プログレ期のGenesisも大好きであり、Yesも好きであります。
Chris Squireに関しては、特に好きということもないので、
どちらかというとハケット先生寄りの感想になりますが。

1曲目からタイトル曲ですが、
ストリングセクションはどっかで聴いたような・・・
ギターのフレーズのいくつかも聴いたことがあるようなのが。
まぁ、本アルバム中ではもしかしたら一番一般受けしそうなのかも。

2曲目のTall Shipsはけっこう好きかも。
ただクリスのベースが好きな人には少し物足りないかも。
なんて言うかイントロのベースは良いけど、
本題に入ってからのベースラインが聴き取りづらいカンジ。
ハケット先生のソロに入っててもぜんぜん違和感ない曲。

3曲目のDivided SelfはどちらかといえばYesっぽい曲。
クリスのコーラスもそれっぽい。

4曲目Aliensはハケット先生とクリスと交互に歌を。
暗めの入りだが、クリスが歌うとやっぱりYesっぽいな。

5曲目Sea Of Smilesはクリスのベースが入ってなかったら
「Cured」の頃を思い出す。

6曲目The Summer Backwardsはアコースティックな曲。
これまたハケット先生のソロに入ってても違和感ない曲。

7曲目のStormchaserはヘビーなドラムで始まるけどクリアな曲。
クリスのベースもべべべべいってるで!

8曲目Cant Stop The Rainの歌はクリス。
最初パフュームみたいなエフェクトかけてんのかと思った。(^_^;)
(いや、本当になんかエフェクトかけてる?)
なんか昔のポップスベストテンで流れてそうな曲だ。
ポップといえばポップだな。

9曲目Perfect Love SongはYesっぽいというかエイジアっぽい?
歌はクリス。

まぁ、ハケット先生のソロにクリスが入ってきた。
みたいなカンジなんで、ロジャー・キングがキーボード・プロデュースだし。
アマンダ・レーマンがコーラスで参加してたり。
むしろクリスがソロ作ってるところへハケット先生が参加!
なんて方がたぶん面白かったんじゃないだろうかと思うが。
全体的に悪い出来ではないし各々の曲も完成度は高いが、
なんか「これだ!」ってモノがない。
まぁ、ハケット先生かクリスのファンならば買って損はないと思う。
AmazonではMP3ダウンロード販売もあるでよ。
アフィとかはやってないので こちら からどうぞ。
試聴もできるよ。
1350円と安いもんやし、買うときなはれお客さん。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2018年3月の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。


count from 2010-04-13