雑草のように生き土に還る2018年06月14日 17:46

それになんの不満があろうか。
いや、そもそも雑草なんて人間が勝手にそう思ってるだけで、
個々の花になんの差別があろう。
河原の土手に咲く名も知らぬ花は、誰に愛でられるでもなく
ただ花を咲かせ、種を残し、枯れて土に還る。
その土の上にまた違う花が咲く。

ということで、土手に名前も知らない白い小さい花がいっぱい咲いてた。
下の方の赤いのはノアザミだと思うが。
葉っぱに凶暴なトゲのある。(^_^;)
仕事で草刈る時は注意してる。

で、最近なんか世の中の流れについて行けないというか、
疎外感というのではなく、自分がこの時代にマッチしてないのでは?
などと感じるようになってきた。
もとより、野望など持つタイプの人間ではないし、
できれば密やかに楽しいことと苦しいことが半々の人生を過ごしたいと。
昭和に生まれ、昭和に育ち、昭和で平凡に人生を終えるはずだった。
それが平成も終わろうとしてるとか。
まぁ、子供もおらんし、特に誰かに必要とされてるわけでもないので、
(冬場に猫に必要とされてるかも知れん)
あとは朽ち果てて土に還るのみだけど。
とにかく世の中が面倒くさすぎる。
さりとて、それに抗う気力も全く無いが。
取り敢えず最近嫌いな語を挙げておく。(^_^;)
コンプライアンス・アジェンダ・イノベーション・ガバナンス
マイノリティ・レジュメ・グローバル・コンセンサス・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2018年3月の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。


count from 2010-04-13