Vapor Trails (Remixed)2013年10月02日 22:43

昨日自らの失態に気付いて注文し直したVT(Remixed)が到着。
いつも通りのクロネコメール便(速達)だったので、
発注から24時間でポストに投函された。
Amazonのアホが輸入盤の予約取ってもすぐに発送しやがらねえから
また日本盤買う羽目になった。
昨日値段が倍近くと書いたが、ポイント還元が多かったので
実質1.5倍ぐらいのもんか。

さてさっそく聴いてみた。
一発目Emu1212→HeadBoxIIk240sで聴いてみる。
二回目は30年ぐらい前に買ったステレオで。
三回目はCI1MS1で。
まず第一印象はボーカルのリバーブが変わってて気持ち悪い。
バスドラがベチベチ、タムが聞こえにくい、シンバル系もイマイチ。
ボーカルのリバーブはほぼ全曲でオリジナルが「ルーム」だったのが
「ホール」に変わったようなカンジ。
Ceiling Unlimitedなんかステレオで聴いてたら気持ち悪い。
なんで今更こんな古くさいリバーブかけた?

ドラムに関してはいきなりバスドラがベチベチベチベチでコケた。
そしてVapor Trailの「ほらいぞんとぅーほらーいぞん」のところの
うねるようなタムがぜんぜんダメダメで泣いた。
ギターはもうどうでもいいのだが、このアルバムで一番好きな曲
Earthshineで「あーあーしゃいん、(ここ)あぴきーいんざないー」
のところで左でギターがジャーンジャーンって鳴ってるはずなのだが・・・
オリジナルでも聴き取りにくいがこっちはほとんど聞こえない。
カッコ良いのに。
って言うか、別トラックに変えたとかとかかしらん。
あとFreezeの橋渡しの部分のギターってこんなだっけ?と。
音も違ってるしフレーズ自体こんなんだったんかなと思った。
ベースラインは聴き取りやすくなってる。
これはあれだ、やっぱヘッドホンで聴くよりスピーカーで音だして聴くべき。

思えば、Neil Peartの娘さんと奥さんが立て続けに亡くなって、
フツーなら飲んだくれて廃人になってもおかしくないような状況から、
蘇ったという記念すべきアルバム。
One Little Victoryのイントロのドラムを聴いた時安堵したのを思い出す。
ヘッドホンで聴いてたらアタマが熱くなるぐらい暑苦しいサウンドだったけど、その暑苦しいサウンドが脳にインップトされた。
その印象を持ったまま今リミックスを聴いて・・・
まぁ、ウマいことやった方かな。
各所で「あれっ?」と思うところが無くはないが。
いくつかの曲は暑苦しさを残してるし。(^_^;)

朝目が覚めたときに頭の中で鳴り出す音楽がVTの曲で、
オリジナルの方なのかリミックスの方なのかで混乱しないか心配。
余計な心配。(^▽^がはは!

後日追記。
オリジナルではドラムの定位が通常の逆(叩く側から聞いた感じ)
だったのが通常の定位になってるようだ。
面白くない。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2018年3月の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。


count from 2010-04-13