初めての・ナル(SHE9500その1)2008年11月24日 23:06

以前からそういうモノがあるのは知っていた。
しかし、あの穴ってあまりキレイじゃないじゃない?
だから・・・食わず嫌いだったんだけども、
一旦興味が湧くと欲望を抑えきれず・・・

手にして思ったのは
「こんなにおっきいの入るかしら?」
だったけど、心配は要らなかった。
滑らかにするりと挿入できた。
意外と快感・・・

買ってしまいましたカナル型。(^▽^がはは!

まぁ、フィリップスのやっすーいのですが。
一緒に携帯用の平型コネクタ(ストラップ型)も。

工レコムのんだけど、結構デカい。(^_^;)
しかもなんか感覚的に突っ込む方が逆みたいな気が。
ストラップとして付けたままでは挿入できないので、
フック?みたいので離せるようになっているのだが、
本体のリングとともに小さすぎてやりにくい。
まぁ、今までは嫁の携帯に付いてた線付きのを使ってた。
結構じゃまだったので良いかもしんない。

さてその安物カナル、フィリップスのSHE9500ですが、
某廃人さんの所では兄弟機の9501の評価が良かったんで
買ってみた次第ですが・・・(白いのはいやずら)
ポチッてから気が付いたんです。
最後の最後に今年マイナーチェンジがあって、
やたら低音が出るようになってしまったとの一文。
そういう追記は、他機種との比較の前に入れて欲しかった。

取り敢えず第一印象。
確かに低音はよく出ている。
が、おろしたてのk414pみたいに暑苦しくはない。
結構スッキリした感じで、ベースラインなども聴きやすい。
が、高音はこれじゃ全然ダメだ!レベルだった。
シンバルやハイハットなどは全然ダメだし、
ロータムは良いのに、ミッドタムでわけわかんなくなって、
ハイタムはテンションもスピード感もない。
歌もなんて言うか、こもってると言うよりは物足りない。
カーテン越しとは言わんが、レースのカーテン越しみたい。

だがしかし、ほんの数時間ならしっぱなしにしてると
結構高音が良くなってきた。
キメの細かさはこの値段に求めちゃダメでしょうが。
もう少しエージングしたらどうか期待。

しかしカナルに手を出したくなかったのは、
小学生の頃、ゲルマラジオを組み立ててクリスタルイヤホン
で聞いていた。
そのイヤホンのぶっ込む部分が汚くなって。。
わたしゃ脂性なんです。(^_^;)
しかし意外とスムーズに挿入できるし、この材質
なんだか知らんけどサラッとしてて気持ちいいね。
あと挿入の具合によって音がスカスカになるのね。
初め左が低音聞こえなくて
「オレ左耳悪かったのか?」
と不安になっちゃったわ。
左右換えても変わらんかったし。
どうも左耳の穴の形状が悪いのか、
はたまた右が利き腕なんでハメやすかったのか。

本当はAKGのk324pが欲しかったんだけど、
正規品だと1万超えてるし、音家だと半値だけど
カードが使えんしとか思ってたら無くなってしまった。
新しいのが出たみたいだが。
あと白はまだあるみたいだけど、白はいやずら。
取り敢えず安いのでこれにした次第です。

取り敢えず例によってエージング続行ってことで。
明日は熊本・・・
一緒にノートン先生の新しいのも買った。
箱が小さくなってて笑た。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13