Ibanez SR500F 1123日目2013年08月30日 01:52

昨日は非番で帰宅して昼飯食ってから昼寝して、
夕方起きたらポストにメール便が。
先日注文したダダリオのECB80がもう来た。(^^)v

って、19:45に注文して、ショップから注文確認メールが来たのが21:14。
で、22:15には発送通知って夜なのにめちゃ早なんですけど。
イ左ノリのメール便なんでいつ来るかと思ったが、ちゃんと今日来た。
こんなペラい封筒に入ってた。
いやそんな事より値段が滅茶苦茶安かったんですけど。(^_^;)
音家でさえ3000円超えてるのに・・・
フツーの所でフツーの値段で買ったら4セットは買えるでって値段。
値段付け間違えてんのかと思った。
まぁ、ラウンド弦もそんな値段だったので間違いではなさそう。
もしくはババリオとかかと思った。(^▽^がはは!

あまりに安いので2セット買っちゃった。(^▽^がはは!

さっそく張り替え。
張り替え後の恒例猫と遊ぶ・・・
興味なし・・・?

興味はあるけど乗ってこない・・・?
なんだよオマエら暑いからって。(^_^;)

ENR71
のことがあるので、袋から出して取り敢えず拭いてみた。
大丈夫ウェスは黒くならなかった。(^_^;)
ENR71は.045、.065、.080、.100、このECB80は.040、.060、.075、.095
って事で、きっちり0.005ずつ細い。
張ってみて弾いた第一印象は柔らかいだった。
おかげで強めに弾くと弦がベシベシ指板に当たるわ。
ネックの反り具合はENR71よりマシだが、
今度は1弦7フレット相当あたりでビリビリしだした。
あんまりトラスロッド締めまくるのも嫌だし、弦高もちょっと上げたが。
まぁ、弦が新しくてバリバリの音なんで余計気になるのやも知れん。
弦が死ぬまでしばらく様子見。

そういえばENR71には飾り糸付いてなかったな。
このECB80は青い飾り糸だった。
ダダリオのハーフラウンドってかなりフラット寄りなんだなと思た。
ケン・スミスのはラウンド寄りだったな。
触り心地の話。
音は知らん。
真面目にベース弾き出してまだ5年ぐらいだし、
フラット弦はこれが初めてだし。

この前ちゃんと撮れんかったP.U.カバーのシマシマ具合。
ええシマシマでっしゃろ。(^▽^がはは!

あとは速く弦が死んでくれるのを待つ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13