感染性胃腸炎反省会2014年12月20日 23:21

今日は夜間作業明け。
帰宅したのが7時半ごろだったか。
発熱→胃腸の不調で体重・体脂肪率などが下がってるので
しっかりと朝飯を食う。
しかし、胃の調子はまだイマイチなのでもたれる。(^_^;)
その後医者へ行く。
まぁ、胃炎がまだ残ってるのでしょうって事で、薬を貰ってくる。
抗生剤は卒業って事で、胃薬2種類とビオフェルミン。

13日朝食後に発熱・悪寒・節々の痛みが始まる。
この時点ではインフルエンザだと思っていたのだが、
そういえば胃も痛かったわ。(^_^;)
夜には熱が39度に上がったので病院へ行くもインフルはシロ判定。
14日は仕方なく泊まり勤務へ。
昼頃に猛烈に下痢をする。
この時もしかしてインフルエンザではないのでは?と思う。
15日に帰宅して、寝れば治るかと思ったが再度発熱。
しかも胃の不快感がもうたまらんので医者へ行く。
そうして下された診断が感染性胃腸炎だった。
16日には一回薬飲んだだけにもかかわらず胃の状態が劇的に改善。
夜にはようやくいつも通りに食事が出来た。
17日は休んで18日に出勤したら午前中は胃が痛く。
仕方がないのでガナトンを食前に飲んだら治まった。
19日に体重を量ったらマイナス1.5kgの体脂肪率がえらいことに。
発熱後2日半の間はロクに食えなかったからなぁ。
そして今日20日に医者に行って、胃炎が残っているので、
もう少し薬を飲んでみて様子を見る事に。
一週間後の具合を見てその後は考える。
ちょうど年末年始にかかるので、もし薬が要るなら長い目に出すとの事。
まぁ、市販薬買いに行く事を思えば安上がりだしな。
一週間薬飲んでみて判断しよう。

しかし、胃腸の不調でこんなに熱が出るとは思わなんだ。
しかも熱出た時の症状がインフルの時とほぼ同じ。
まぁ、若干進行が早かった気がするが。
あの汗ダラダラ現象も免疫反応による発熱のもので、
イコールインフルのせいだけではなかったのか。
まぁ、なんにしても回復基調。

実はその後嫁さんが喉の不調で医者に行き、今薬を飲んでたり。
猫のちま吉も鼻の不調で薬の飲んで(飲まされて)たりもする。
家族揃ってってカンジだ。(^▽^がはは!
ちま吉くん今日は食欲もなくちょっと元気がないのでそっちの方が心配。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13