AKG k612 PRO その12013年11月01日 23:03

2008年頃からk702かk601が欲しいと言い続け。
ちょっと前にk601の値段も安くなったし、ぼちぼち買いかなと思ったり。
しかし気が付くとk612なんてものが。
値段もそんなに高くないし・・・買いだ買い。(^_^;)
てか、最近は家でヘッドホン使って音楽聴くことないんですけど。
それに最近は特にヘッドホンで聴くよりスピーカーで音だして聴く方が
好きだったりするし。
まぁ、通勤時にはイヤホンで聴いてるけど。
あとベース弾く時はやっぱりヘッドホンだし。
まぁ、長年欲しいと思い続けてきたしぼちぼちいいかなと。
最近体調もイマイチで元気出ないし、景気づけに。(^▽^がはは!

ということで本日到着したAKG K612PROであります。
最近Amazonの配達がTMGばっかりなんよね。
TMGはいつ来るか読めんからあまり好かんのだが。

外箱はビニールでラップされていて、そのビニールに小さいポケットがあり
そこに保証書が入ってた。

外側の箱はスリーブ状になってて、引っこ抜くと黒い箱が。
そこにはこんな文字が「Expect」だと。

横にマジックテープでとまってる蓋を開くと更にこんな文字が
「and discover」だと。

本体を取り去ると「Perfection.」の文字が。
最期に「.」が付いてるから「Expect and discover Perfection.」
と読むべきなのか?

中身は本体とケーブルが別々にビニール袋に入ってた。

ところで箱の隅っこの方に小さくこう書いてあるのだが・・・
Designed and engineered in Austria
by AKG Acoustics. Made in Austria.
し、信じていいのか?

だがしかし、箱の中に入ってた検品票?みたいのは中国語。
ちなみに保証書はヒビノになってた。

ヘッドバンドの裏にもMade in Austriaの文字が。
し、信じていいんだな。。

長くなったので第一印象は次の記事で。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13