Music Series ONEの62007年11月23日 00:13

一応エージング100時間は超えただろう(と思う)。
第一印象からの変化はかなり少ない(と思う)。
低音が少しだけ増した様な気がする。
高音は少々変化を感じる。
最初は堅めで粗い印象だった。
シンバル連打のあとの減衰音とか、
アコギのコードジャガジャガとか、
バイオリンやチェロのソロなどで感じた粗さも
かなりまろやかになった(と思う)。

レビューなどは他のサイトにおまかせするとして、
感じたままの感想など。
※比較対象がk240s(とk414p)しかないのに注意。

低音は迫ってくる圧力はないが、スッキリとしていて
それでも量は結構ある。
フレットレスベースを聴くのが楽しい。
ボーカルも聴き取りやすい。
高音は若干の粗はあるけど、それなり。
ドラムがかなり良いカンジで聴ける。
音の抜けが良いせいなのかは知らないが、
残響音が良く聞こえる。
またアタックが良いので、ドラム最高と。
ただし、シンバルのきめ細かさではk240sには劣るため
少し残念ではあると思た。
アコースティックギターも。
高音はもう少しキラキラしてたら言う事なしなのに。
定位感はk240sより良い感じがするが、どうだろ。
k240sより音の広がりが感じられる。
装着感は良い。
ケーブルがやや重いが。

なんにせよ結構気に入った。
「略)ここで聞け」スレで
これを勧めてくれた人に感謝する。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13