Ibanez SR500F 1643日目2015年01月31日 18:46

BartoliniのNTMB+GF取り付け完了した。\(^O^)/
一日目はTrebleとBaseをセンタークリックよりブースト方向に回すと
音が出ないという状態。
二日目はTrebleをフルカットにしていないとノイズ出まくり。
ってか、ゲイン取れすぎ?みたいな状態。
ボディに固いモノが当たる音さえ拾ってるみたいな。(^_^;)
連日宿題を残し、今日こそはと意気込んで昼間から作業開始。

取り敢えず開けて中身を引っ張り出してみる。
NTMBの入力の黄色線が首の皮一枚状態になってた。(^_^;)
ボディを叩いたらノイズ出てたのはこのせいか。
そしてこの黄色線はとっても敏感で、触るとハムが出たり。
なのでコア巻いてやろうかシールド線化してやろうかと。
コアはデカいので同軸ケーブルのシールドをむいて通す。

もちろんシールドはGNDに落とす。
被覆はビニールテープぐるぐる巻にした。
ゲイン取れすぎみたいなカンジなので9V運用にするか。
そして音出し。
あれ?無音・・・(^▽^がはは!

はいはい、唯一今回買ったポットを使ってるBassがまた同じ症状。
センター位置からカット側に回したら音出たわ。
どうするか。
元から付いてた100kΩのはもう2個とも昨日使ってしまったし、
残ってんのは20kΩのみ。
両端で50kΩはないとまずそうなんでシリーズに22kΩと12kΩの抵抗を
咬まして繋いでみた。
が、Baseのコントロールがカットもブーストもほとんど効かない。
かろうじてブーストがちょっとだけ効くかなってカンジ。(^_^;)
そもそも今回3個買ったBARTOLINI印のポットを付けた時の症状は、
センター位置からブースト側に超えた瞬間にボソッと音がして
その後アンプが停止した状態になる。
テスターで当たっても両端60kΩぐらいあるし、真ん中の端子の挙動も
別におかしくはないのだが・・・
それならばもう少し抵抗値を稼いでみようと。

はじめ10kΩのを付けたが、利きが悪いので5kΩに変更。
下に見える茶色いのは30数年前に入手した熱収縮チューブ。
これでカットもブーストもいけるようになった。
音も出なくなったりしない。\(^O^)/

さてそれで音出し。
いけた!\(^O^)/
3バンドともブースト・カット出来る。
いや、なんてか・・・ゲインが足りない。
ものすごく平板な音。
作業中に何回か出た欲しかった低音がぜんぜん出てない。
たぶんBaseのポットに抵抗咬ましたせいだな。
昨日はゲイン取れすぎみたいなカンジだったので9Vにしてみたが、
18Vに戻してゲイン調整用のトリマーを回す。
これ元々は最小にセットしてあるんだな。
最大はさすがに歪むので1時半ぐらいの位置で。(^_^;)
よっしゃぁ~完璧!(^^)v

Ibanez謹製のアンプでは(ノイズが酷くて)出来なかったTrebleとMidの
ブーストが出来る。
しかもノイズなし。(いやさすがにTrebleフルブーストはノイズあるけど)
コリコリした低域もとっても素敵。
あぁヨカッタ。(^▽^がはは!

昨日今日と私が休みなのにあまりかまって貰えなかったちま吉の図。

まとめ

Ibanez SR500F 1642日目2015年01月31日 00:50

昨日取り付けたBartoliniのNTMB+GF。
何故かウマく動作しない。(^_^;)
症状はBassとTrebleをブースト方向に回すと音が出なくなる。
昨日は時間切れでやり残し。
今日は休みだったが、嫁も休み。
洗濯やら家事に追われ?夕方に日課の散歩に。
そして帰りに気ぃ悪いのでちゃんとした006Pを買いにコンビニへ。
あぁ、コンビニにはもう006P置いてないのか?
そりゃ置いてもほとんど売れんわな。
てことで駅前のスーパーで買う。
パナの2個で900円余りって高いなぁ。
帰って電池替えたらウマく行くようになればいいなぁ・・・
と思ったが、現実はそんなに甘くない。(^▽^がはは!
取り敢えず怪しいのはポットなんだろうって事で、
SRに元から付いてたのにちょっと手を加えて付けてみる。

SRに元から付いてるのは100KΩがふたつと20KΩが一個。
検索したら(いくつか)回路図らしきモノが見つかるが、
テスターで当たった感じはどっちかの端がGNDに落ちてる
わけでもなさそうなので抵抗値を取り敢えず稼ぐ為にこうした。
昨日MIDに付けてたのをBassに振り替え。
MIDとTrebleにこの加工品を。
どうにかなった?
いや、まだ問題が。(^_^;)
Trebleをフルカットからちょっとでも回すとノイズが。
それ以外はOKなんだが。
てか、利得ありすぎ?ボディ叩く音とかネジ回す音まで拾うし。
それもハンパなく拾う。
たまにガサゴソノイズが出るが、一番叩いて怪しいのは・・・
Bassのポット。orz
テスターで当たっても抵抗値的には若干バラツキはあるが
問題なさそうなんだけどなぁ・・・
取り敢えずしばらく弾きまくってみたがTrebleフルカットだけってのもな。
音的には欲しかった音なんでなおさら惜しい。
そして今日も時間切れ。
明日も休みなんで、また宿題。(^▽^がはは!

つづき
まとめ

Ibanez SR500F 1641日目2015年01月30日 16:28

昨日来たBartolini NTMB+GF。

の取付けの様子。
まずは元から付いてるIbanez謹製のアンプを取り外し。
線はキレイにまとめられている・・・ように見えるでしょ。
(まぁ、一回私がバラしてますけど)

(EQの)ポットの流用は出来ないので全部取り外し。
GNDの黒線はぐっちゃぐちゃ。
結び目にしてあったり、キレイにさばくには一旦半田を外さないと無理。
なのでもう放置。

取り外し完了。(さようなら~)
当初、NTMBのMIDは250Hzって事なんで(常時250Hz側で使ってたし)
MIDフリケンシー切り替えスイッチも外す予定だった。
何よりNTMBのon-on-onのスイッチの配線が理解出来なく。(^_^;)
弱電の仕事をしてたこともあるが、何故かこのon-on-onのスイッチ
ってのには縁がなかったもんで。
検索して10分ほど考えたらなんとか理解したので2バンドで使うことに。

あらかじめ半田付けできるポットはやっておく。
MID切り換え用のコンデンサーは部品取り基板から。
しかし、0.33uFなんてないし。
取り敢えず一番デカい容量が0.22uFだったのでそれで。

設置&配線中。
MIDのみ現場配線があったのだが、作業してるとなにやらベタベタする。
あれ?血が。(^_^;)
左手人差し指の先が切れて線やらポットの端子が血まみれに。
ぜんぜん痛くなかったから気付かんかったわ。(^▽^がはは!

配線完了。
当然のことながら18V運用。
一個は元の電池ホルダからともう一個は増設。

電池は昨日の帰りに100均で買ってきた。(^_^;)
そして音出しテスト・・・出ません。(^▽^がはは!
なんでや~INとOUT以外配線間違えるような所も無いし。
10回ぐらい配線見直したけど間違いないし。
何より電源が入ってないようなのでテスターで確認。
元の電池ホルダからのマイナスがきてないような気がした。

電技ホルダ外してみたらあらびっくり、(たぶん保護用の)ダイオードが。
まどろっこしいので取り外してNTMBの付属スナップと交換。
しかし音が出ません。(^▽^がはは!
まさかと思って電池外して舐めてみる。(よい子は真似しないでね)
おい!一個死んどるがな。(^_^;)
電圧ゼロって・・・恐るべし100均の電池。
もう二度と買わん。
で、元々使ってた006Pと生きてる方の100均電池を繋ぐ。
お、音出たけどなんか接触不良みたいな・・・
なにより、MIDはカットもブーストも効くが、BASSとTREBLEは
センタークリックよりカット側でないと音が出ない。
なんじゃそりゃ。
MIDは私の血を吸わせてあるからな。(^▽^がはは!

こんなカンジで収める予定。
イ左ノリのアホが昼間に来てたらヨカッタのだけれど、
今日(昨日)はもう時間切れ。
悶々と悩みつつ寝ることに。

Ibanez SR500F 1490日目2014年08月31日 22:04

某巨大掲示板フレットレスベーススレにてSRF700なんてのを知る。
これですが。
ああ~良いんだ、スルーネックだし。
ライン無し指板だし。
P.U.は私のSR500Fと同じBARTOLINI MK-1だけど、
ピエゾが付いてるしー。
フロントP.U.の際まで指板が来てるじゃないですかカッコイイ。
定価も変わらんじゃないか984-。(^_^;)
特にネックと指板が悔しい。

スペック見てたら・・・P.U.の後に(Passive)と。
(つд⊂)ゴシゴシpassive?
(;゚Д゚) …!?

というわけで、アンプをスルーしたらどんな音か試してみた。(^_^;)
電池を外して、ジャック側は半田付け。
反対側はワニ口が付いてる線でバランスVolの所でつまんでみる。
案外つまんない音。(^▽^がはは!
もっと素直な音なのかと期待していたのだが、
やや籠もったような本当につまんない音だった。(^_^;)
やーこれで良かったら2V1Tに改造してとか思って損した。

プリアンプをBARTOLINIに替えてみっかなー。
P.U.までBARTOLINIにしたらFender Mexicoが買えそうな値段だし。
てか、安物を卒業してちゃんとしたフレットレスを買おうと
思った時は何故か蛇子モデルばっかりだったんよね。
あのピックガードのない気持ち悪いジャズベース。
いや、ピックガード買って付けりゃ良いじゃんて話だが。
そうこうするうちにこの子に惚れてしまったので仕方ない。
取り敢えず今日の実験はこれまで。

Ibanez SR500F 1415日目2014年06月17日 22:38

今日は休み。
某巨大掲示板のベースP.U.スレッドでBARTOLINIはシリーズでも
パラレルでもシングルでも良いという書き込みを見て思い立つ。
ストラトのリヤP.U.はディマジオのFastTrackに交換しているが、
スライドスイッチでシリーズ/パラレルの切り換えを出来るようにしている。
どっちかというとパラの音の方が好き。
んでもって、先日安物ジャズベの弦を張り替えてからはジャズベばっかり
弾いている日々。

肘と手首が痛いので湿布貼ったまま弾いているの図。(^_^;)
安物ベースのくせに(P.U.はダンカンSJB1)けっこういい音。
ベースはシングルコイルの方が好きかも知れんと思ったわけで。

BARTOLINIのサイトにはご親切に配線の仕方のPDFもあったり。
じゃーやって見ようとコントロール裏のフタ外してみたら
各P.U.から来てる線がやたら細いし。
どう見ても4芯シールド線には見えませんわ。(^▽^がはは!
てか緑(フロントは赤)と黒の線が来てるんですが、単線?
それならば本体の方で配線を変えるわと外してみたら・・・

きっちりした作りでバラせません。
そりゃ壊す気でいったらバラせるだろうけど。
そういえばもうすぐ4年になるけどP.U.外した事なかったな。
P.U.からは線が1本出てるだけとか・・・
ちょっと悩んでしまったが単芯シールドか。
黒い方の線は底に丸端子で止められている。
キャビティごっそり黒く塗装されてるからわからんけど鉄板かアルミ板でも
底に貼り付けてあるのであろう。

すごすごとP.U.を元に戻しました。(^▽^がはは!
BARTOLINIのソープバーは音家にあるけど高いしな。
これは買わないな。

だいたいなんでそんな事を思ったのかというと、
最近になってやたら低域がブーミーで暑苦しく感じだした。
MS-60Bのセッティングはいじってない(はず)なのだが。
LOWをカット気味にして弾く日々だったので。
P.U.戻してMS-60Bのチューナーで調弦して、
忘れてそのまま弾いてたらいいカンジ。(^_^;)?
なんだろう?コンプレッサーが悪い子なのか?
にしてもなんで急に気になりだしたのかが不明だが。
まぁイイや、またいじくって新しいパッチ作る。

あとペグに錆が出ていたのでピカールで磨いておく。
若干メッキがわいてしまった。。

助手は一日人の椅子を占領して寝ていた。


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13