いやほんとにねイヤホン2019年12月07日 23:24

先日Amazonでの購入金額が過去最高とか書いたけど・・・
まだまだいくよ。(^▽^がはは!
Amazonのセールって今までたいしたもん買ったことない。
一応見るのは見るのだが。
で、先日の朝電車に乗り込んでイヤホンを引っ張り出してる時に
「そういえばコレわりと長いこと使ってるけどそろそろ壊れんかな」
という予感めいた気持ちがわいてきた。
今使ってんのはJVCのXX HA-FX33X-Bというヤツ。
最初こそ中域から上がどうかなと思ったが、今では気にならない。
Neil Peartのドラムも楽しく聴ける。
3000円台でこの音なら十分満足。
まぁ、クソ耳ですから。
で、昔なら次はまたなんか違うのを物色したりするところだが、
もういいやと。(^_^;)

ちゅーことでまたJVCの今度はHA-FX3X-B XXというヤツ。
サイマンで2000円ちょっとだったのだが、元がいくらなのか。
前に買ったことのあるイヤーピースも一緒に買った。
今度はサイズ間違えずにMにした。
取り敢えず鳴らしてみたが、第一印象は33と同じ。
若干全体的にこもったカンジがしないでもないが。
ちゅーかケーブルもハウジングも(色は違うが)同じじゃないの?
それどころかスペック見たらドライバも同じじゃないのか疑惑。
どこかで差別化してるんだろうけど。
しばらくエージングして様子見。
そもそもイヤホン買おうなんて思ったのは、その33と同時に買った
中華ハイブリッドがこの前熊本行きの飛行機で使おうと思ったら、
左がスカスカで低音が出ない。
なんか耳に突っ込んだらビードロみたいにペコンていうし。
たいして使ってなかったけど中華だししゃーない。

ぜんぜん話は変わるけどUSB Wi-Fiアダプタも一緒に買った。
安いし。(700円ちょっと)
バッキャローのも同じぐらいの値段であったのだがこっちにした。
デスクトップPCのみが有線なので。
これでこの前買ったLTEルーターにも切り替えて繋げられる。
速度も問題ない。
どうせ上流がそんな出てないし。
って、スピードテストやったら37Mbpsとか出てた。
auの回線速ええな。

KOSS SPORTA PRO2018年03月22日 00:02

昨日取り付けたLEDシーリングライトを注文する時に
お気に入りに入れたのを忘れてたKossのSporta Pro。
ついでに買ってしまえ!と。(^▽^がはは!

なんか変な形の箱に入ってましたけど。
いつもの家電量販店webだけど、Amazonよりちょっと安かった。
音家よりは高いけど、音家はカード使えないから振り込み手数料を
考えたらそれほどの差でもないなと。

中身は英語のみの注意書きらしきもの2枚。
字が小さすぎて読む気にもなれんようなヤツ。
標準ジャックのアダプタはどこ?と思ったらポーチに入ってた。(^_^;)

さっそく音出し。
驚愕だ。
何が驚いたかって、今までいっぱいイヤホンヘッドホン買ってきて、
最初に音出した時はたいていガサついものだと。
こいつ・・・最初からぜんぜんマトモな音出しやがるぜ。(^▽^がはは!
女声ボーカルもぜんぜん前に出てきてるし、
ベースも重量感はないけどちゃんと鳴ってる。
やっぱヘッドホンは開放に限るな。

せっかくなんで日課の散歩にはめていった。(^_^;)
昔、k414pはめてバス待ってる時に
「あぁ、良い音だな・・・よい時代になったもんだ」
と思ったもんだが、今となっては・・・

そもそも、EHP-AHR192SV買った時になんか小さいヘッドホンないかと
思って、目を付けたのが同じKossのProta Proだった。
k414p再生を試みるも、やっぱ開放の方が良いなと。
で、Amazonの方にProta Pro、ジョーシンの方にこれをお気に入りに
入れていたのだった。
って、今見たらProta Proこれより安く出してるところがあるな。orz

開放なんで通勤には使えない。
散歩の時は使えるが、街中歩く時は危ないのでやめておこう。
川の土手コース歩く時はいいだろう。
なんにしてもこれはヨカッタ。

いやほんまイヤホン2017年11月09日 23:59

100時間ほど鳴らしっぱ完了。
大半がBurn-in Headphoneというアプリでピンクノイズだが。
あまりにもダメダメでお蔵入りになってたPrioriに入れてみた。
バッテリーも食わなくてほぼ一日持つなかなか良いアプリ。

で、100時間ほど鳴らしたあとの感想。
ちなみにどちらも一回電車で使用済み。

まずはJVC XX HA-FX33X。
低域はややボケた感じだが重量は十分。
中域から高域はちょっと籠もり気味でやや残念な感じ。
解像度もイマイチ。
とは言え、何鳴らしてもそれなりに鳴らす。
通勤時にそんな高音質を求めてないので、これぐらいで十分。
装着感も悪くない。
イヤーピースはSONYの安物(緑の芯のヤツ)に交換した。

付属のケーブル巻きの使い方もわかったので、
明日からLBT-PAR500AVとペアで通勤使用。

で、KZ ZSTの方。
低域はXXと比べるとやや寂しい。
中域高域は澄んだイメージ。
シンバル系の音もキメ細やかさはないがそれなりに良い。
そしてピアノの音が良い。
オーケストラの管楽器も弦楽器もかなり良い。
(あくまで値段のわりにはって話で・・・)
音場感もXXに比べるとはるかに広い。
なによりノリが良いので、ドラムとかベースは楽しい。
音源によっては低域もズンズン来るので、
その辺はソースに神経質なんだろうか?
装着感は・・・こういうケーブルの取り回しに慣れてないせいもあり、
イマイチというか。
イヤーピースも付属のは不快なんでフォームのに換えたり、
オーテクの安物に換えたり。
あまり密着度の高いシリコンはパキって言わさないとスカスカに。
フォームは装着に手間取ってなかなか良い位置に入らず・・・
ただ落ち着いてきちんと装着すれば良い音だ。
2000円でこの音ならコスパはかなり高いと言えるだろう。
ただし作りは雑だな。(^_^;)
右のハウジングの蓋(外側名前のプリントされた部分)が
ちょっと浮いて閉まりきってないような状態。
押し込んでも閉まらないから固定はされてる模様。
ケーブル換えたら音が良くなるとか言うけど、
このコネクタをもう一回抜き差しするのはいやずら。
本体とほぼ同額のケーブル買うのもいやずら。
そのノーマルのケーブルも絡みやすいってか滑らなすぎ。
使い終わってテキトーに巻いてポケットに入れたりしたら、
次ぎだした時絡まってんのをほぐす所からはじめないといけない。
まぁ、音は良いので家で使おう。
気が向いたら通勤で使うかも。

いやほんまにイヤホン2017年11月07日 00:10

昨日来たKZ ZSTJVCのXX HA-FX33X
30時間ぐらい鳴らした感想。

まずはKZ ZSTの方。
高域のガサツさが取れてなかなか良いカンジ。
なにより空間感が良い。
ノリも良いのでドラムとか聴いていて楽しい。
低域は重さはないけど必要十分で明瞭なカンジ。
ベース聴くのにはなかなかもってこい。
ただ、騒音下で低域がどれぐらい死ぬだろうかと思うと、
通勤時使用はどうだろうか。
唯一のネックは付属のイヤーピースが、
ちょっとはめてるだけで耳の内側の皮膚が痛い。(^_^;)
オーテク無印に換えてみたら密着しすぎてポジションが厳しく。
これC710と同じで、耳に押し込んで少し戻して負圧がかかると
パキってなる。
けっこう鼓膜にダメージ。
この前買ったフォームのに換えたら良いカンジ。
良いカンジだがはめるのに苦労する。(^_^;)
コンプライだとひねり潰して突っ込んでたけど、
これはひねり潰してもすぐ戻ってしまうし。
しかもケーブル上からなんで慣れなくてはめるのに時間かかるし。
その辺も含めて電車ではどうだろうか。
装着感は良好だが。
取り敢えず明日持って出るけど。

そしてXX HA-FX33Xの方。
こっちも高域のガサツさはおさまった模様。
ただし、ZSTに比べるとクリアさがイマイチ。
低域は重量感ありありだけど若干不明瞭。
まぁ、一般的なイヤホンってカンジ。
特筆するような個性はあまり感じない。
装着感は良好だし、ピッピッと突っ込むだけだし。
通勤時使用はこっちがメインになるかなぁ。

取り敢えず今日のところはそんな感じ。

ところでEHP-AHR192SVってFire HD8に突っ込んでたけど、
ZenfoneGOに突っ込んだ方が音が良いことに今日気付いた。
HD8だとなんかガサガサなんよね・・・
Zenfoneだと電池がみるみる減っていくけど。(^_^;)

いやほんとにイヤホンpart22017年11月05日 23:59

イ左ノリの営業所は隣の隣の市だ。
今日の午前中には営業所にブツは到着していた。
15時に確認したら「預かり」になっとる。(^_^;)
そういえば昔まる一日営業所で預かられてたことあったな。
どうせイ左ノリのことだから、夜だろうと思ってたが、
もしかしたら今日は日曜だし来ないのかも。
と思ってたら15時半に確認したら「配達中」に変わってた。
しかも17時に来やがった驚愕。(^▽^がはは!
だいたい19時とかだし、前なんか21時前に来たこともあったし。

ちゅーことで、来たブツはこれ。
JVC XX HA-FX33X-Bってことで。
あれ?なんかさっき中華イヤホンを黒猫が持って来たような・・・

なんかものものしいハードケースが付属。
てか、本体ちょろーんと出てるけど、これでイイの?

ケース以外はこちらもイヤーピースM装着済みでLとSが袋に。
あとケーブル巻き?が入ってた。

こちらもこの前買ったEHP-AHR192SVで取り敢えず音出し。
まぁ、おろしたてのイヤホンなんてカッサカサの音だけど。
低域は重量があるが、ちょっとくぐもったカンジ。
中高域はまだカサカサでシンバルとかバシャーンてカンジ。
何より電気ギターとか女声ボーカルとか耳障りだ。
アコギはまだ良いのだが。
その辺はエージングで改善されるだろうと。
形状がC710と似ていて、装着感が心配だったけど、
こっちの方が小さいし軽いので痛くはならなそう。

で、なんでイヤホン2個も同時に買っとんねんと。(^_^;)
いや、先に注文したのはこっちの方で。
そしたら昨日メールが来て、KZ ZSTが安かったので買ったと。
なんでイヤホン買おうと思ったかは前の記事で。
本当は最初家用にKossのSportaproを(音家で)カートに入れてた。
この前買ったEHP-AHR192SVに繋ごうと思って。
しかし最近は家ではまったく音楽を聴かない。
それどころかベース/ギターさえ弾かなくなった。
k414pも復活させたけど、あれが聴きたいと思っても
脳内再生で完了してしまうのでSportaproはやめた。
唯一音楽を聴く通勤時に使う方を優先させたと。

ピンクノイズ発生させるアプリはないかと思ったらやっぱりあった。
Burn-in Headphoneてヤツにしたが、時間も計ってくれて便利。
面倒くさいので分岐ジャックでこれとZST両方繋いでエージング中。

どうでもいいけどXXといえばセリカを思い出す俺はおっさん。


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13