追悼 Neil Peart2020年01月11日 23:59

こんなに早くその訃報に触れるとは・・・

Rushが終了して、また活動再開するのを夢見てはいなかった。
GeddyがNeilは完全にリタイヤしたと言うのを見るまでもなく、
Neilはもうドラムを叩くことはないのだろうと思っていた。
Geddyのその発表の時点ですでに闘病生活を送っていたのだね。
頭の良い人だけに脳腫瘍はさぞかし辛いことであったろう。

一年前の通勤時はClockwork Angelsばかり聴いていた。
それはそれは飽きもせずそればっかり聴いていた。
最近はSnakes and Arrowsばかり聴いている。
Rushを聴く時はやはりまずドラムに注意が行く。
特に後期のドラミングは素晴らしい。
今日はその訃報を知ってから大好きなThe Rhythm Methodを聴いた。
A show of handsとDifferent Stagesの。
今度の休みにはこの前買ったDVDをまた見よう。

天国の門では誰が待っていましたか?
Neil Peartお疲れさま安らかにおやすみください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2019年7月時点の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13