四十九日2019年06月27日 22:34

今日は先月亡くなった我が相棒、ちま吉の四十九日だ。
はたして猫が十王の裁きを受けるのかどうかは知らん。
まぁ、残された俺のひとつの心の区切りとして。

30年間猫まみれで過ごしてきた。
ちま吉が生まれた頃はまだ20匹以上いたと思う。
それがだんだんと減っていき、ちま吉が最後の一匹だった。
そしてちま吉は他の猫と違ってとても特別な猫だった。
いつもそばにいた。
いつも膝の上ですやすや寝ていた。
仕事を終えて帰宅した時に、今でも何かが足りないような気がして。
決して広くない家の中を見渡せば、今でもちまのために買った○○が。
ちまのために買ったタイマー、ちまのために買ったコットン、
ちまのために買ったキルティングの端切れ、
ちまのために買ったカゴ、等々。

よちよち歩きで固形物が食べられるようになった頃。
携帯電話のカメラで。

1歳の頃。
もうすでに私の枕を占領していた。

これは十年以上前、夜間作業のために昼寝をしていた時。
そろそろ起きようと思ってたらこんなカンジで乗ってきた。
ちなみに夏。

いつでもこうやって人の膝の上ですやすや寝ていた。

死ぬ1ヶ月ほど前、最後の膝乗り。

思い出は尽きない。
虹の橋なんて信じてないけど、またどこかで会えたら。。

ちま、安らかに。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2019年7月時点の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13