270cc2019年05月03日 23:59

今日は2月に拡張型心筋症と診断された猫のちま吉くんを
病院に連れて行く日だった。
車庫についてクルマを見たら黄砂が。
ウォッシャー液出してワイパーが動いたら黄色い汁が。(^_^;)

さてそのちま吉くん。
3月はまだ元気で2階に上がってきて私の膝に乗ってきてたりもしたが、
4月には一回上がってきただけだった。

左手だけを伸ばすちま吉のポーズ。

最近は調子の良い日と悪い日の波があるようで。
先日はトイレで気張ったあとに動けなくなったりもした。
そんな状態を見るともういよいよダメなのかとも思うが、
調子が良ければコタツから出てきて全力でスリスリ
もしくは、超ゴロゴロ。
時々下から階段を見上げているけど「上がりたい」と思ってるかは不明。
階段の上り下りはしんどかろうし、抱っこして連れてきても
降りるのが大変そうなのでやめている。

さて今日は病院で診察台に乗せると口で息をするような状態。
前回から胸水がかなりたまっていると言われていた。
そんなわけで、今日は腹水を抜くことに。
三方弁が付いたシリンジで横っ腹に針を刺して抜く。
一杯になっては三方弁切り替えてトレイに出し。
何回やっただろうか、そんなに抜くの?と思うくらい。
25ccのシリンジということだったが、8回ぐらい?
最後に教えてくれたけど270cc抜いたそうだ。
それでもお腹はポンポンのままだけど。

呼吸は少し楽になったのだろうか、行きしなはぜんぜん鳴かなかったのに
帰りはいつものようにあおーあおーと鳴いていた。
本当は病院に連れて行くのはあまり気が進まない。
ちま吉(というより猫)はクルマに乗るのは大嫌い。
投薬も腹水抜くのもただの延命。
飼い主たる私のエゴなんだろう。
でもちま吉が最後のネコ。
30年30匹以上の猫と暮らしてきた。
その最後の一匹。
少しでも一緒にいる時間をと。
ほとんどコタツに引き籠もってるけど。(^_^;)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13