せんたく2017年09月20日 18:41

人間誰しもいつかは死ぬ。
死に臨んで
「我が人生に一片の悔い無し」
などと言える人間は、よほど我が儘で独善的で無神経なのではないか。
人生の走馬灯を見ているときに、本当に悔いが無いと?
閻魔さんに責められても悔いは無いと言い切れるのか?(^_^;)
逆に考えると、悔いるようなことがあったとしても、
意地でもそれを認めない頑固さ。
あるいはプラス思考ゆえにそう言えるのかも知れないが。

さて、人生は選択の連続。
どの子と友だちになるか、どこの学校に行くか、どこに就職するか、
どの仕事を優先するか、どんな趣味を取るか、どんな人と結婚するか、
どこに住むか、どこの病院にかかるか、どこで死ぬか、どう死ぬか。
すべては自分の選択の結果だろう。
誰かの責任ではない、自分の権限で選択してきたはずだ。

何年も前に、職場の人が定年を前にして、
「・・・そう思ったら、俺の人生何だったのだろうと思う・・・」
というような事を言っているのを聞いて、
(いやそれは、貴方がそう生きてきた結果がそうなんであってー)
と思う。

ともすれば、重大な選択において人は迷う。
迷って他人に助言を請うこともあるだろう。
だけども、最終的に自分の人生の選択を決断するのは自分しかない。
しかしたまに、助言してくれた人のせいにする人もいるが。
特に悪い方に転んだときは。
それはみっともない。

翻って、自分の人生を顧みたら・・・
悔い?ありすぎて売るほどあるわ!(^▽^がはは!
それでもまぁ、最近は特に変な事も無く平穏な日々。
結果オーライで今に至るというカンジか。
悔い無しとは口が裂けても言わんが。
むしろ悔いだらけ。

そして予感。
ちなみに去年の予感は顕現した。
今年の予感。
たぶん何らかの(大きな)選択の時が近い。
のかも知れん。
ぜんぜん外れることも多いけど。
ただ、最近はもう老いたせいか決断力も鈍ってきた。
てゆうか決められなくて困る事が多く。
昔はそんなレベルのことで迷うことなんて無かったのに!
と思うことが多くなってきた。
何も考えずに直感で選択して失敗する。
なんて事は昔からよくあることだけれども。(^_^;)
まぁ、ちょっと慎重に生きないといかんなと思う今日この頃。

コメント

_ せっきー ― 2017年09月21日 21:08

いろんな事が押し寄せてくる年頃やからね。
ちなみに俺も色々ある。^^;

_ 風力十。 ― 2017年09月21日 22:23

やぁやぁ師匠。
気が付けば今の職場に就いて10数年。
記事中の人とは違う定年後再雇用の人に
「65歳んなったら、そろそろ死ぬときのこととか考える?」
と訊いてみた。(^_^;)
「いや、まだぜんぜん」
だそうだ。(^▽^がはは!
俺は一応考えてるけど、どうなるかはわからんよねぇ。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2017年3月の日本国総理大臣の姓(名字)を平仮名二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。


count from 2010-04-13