たぬ公逝く2016年10月18日 22:00

たぬ、正式名称タスキー享年14。

今年に入ってからげっそり痩せて毛並みも悪くなっていた。
一時これはもうダメかもという状態に陥ったが持ち直した。

夏頃、すっかり痩せてガリガリに。
たぬ公はちま吉より身体が一回り大きい立派な体格だったのだが。

上たぬ公、下ちま吉。
涼しくなってきた頃、ちま吉と私が一緒に布団に入るのを
じーっと羨ましそうに見ていたたぬ。
その後、実力行使的に布団を敷いたら私の枕を占拠する様に。
おかげでしばらくの間、右にたぬ公左にちま吉で寝る事に。
元々たぬ公は布団を敷く時にやってきてゴロンとするのが大好き。
そのゴロンの仕方も前転でもするかのようで面白かった。

一緒に生まれた妹猫が不慮の事故で死んでトラウマを抱えたたぬ公。
変な所で臆病。
でもちま吉やにゃぶにはいじめを。
はにゃんにはてんで頭が上がらなかったけど。

猫うけは悪かったけどニンゲンには甘え上手。
スリスリする時も全力だった。

子猫の頃。
私が仕事から帰ると2階から飛んできてお出迎えしてくれた。
可愛いかったなぁ。

動けなくなっても私が覗き込むとニャアと鳴いてた。
息を引き取って、しきたりに従って私のTシャツでくるんでやる。
開いてた口と目を少し閉じてやったら、まるで寝ているかの様だった。
不思議なことにバサバサだった毛も柔らかく。
おなかの毛なんかちま吉に劣らないぐらいフカフカだった。
斎場には時間ギリギリに連れて行く。
たぬ、お前の母さんも兄弟も迎えてくれるだろう。

全部最後まで面倒見ると決めた時、たぶん20匹以上いたと思う。
それがとうとうちま吉一匹になってしまった。
当時憑かれた様に毎週ネコ缶の買い出しに行っていたな。
猫で一財産食い潰された気もするが、かけがえのない思い出を
いっぱい貰えたので後悔などない。
もうネコ缶の買い出しも必要ないな・・・

たぬ、安らかに。

コメント

_ せっきー ― 2016年10月22日 21:10

遅くなりまして申し訳ございません。
心よりお悔やみ申し上げます。
ちま吉くんも淋しかろう。
貴殿もお力落とされませぬよう。

_ 風力十。@当直 ― 2016年10月23日 05:46

毎度お気遣いありがとうございます。
あと数年で猫がいない生活になるのかと思うと寂しい。
てか、寒い。
ちま吉にはせいぜい長生きして欲しいけど、
猫の寿命だけはわかんないからねえ。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2017年3月の日本国総理大臣の姓(名字)を平仮名二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。


count from 2010-04-13