何を信じるべきなのか2011年05月18日 23:59

チェルノブイリに行った医者は大丈夫だったと言う。
youtubeには少年少女が甲状腺の癌で死んでいるという動画が。
反面、立ち入り禁止区域で暮らす老夫婦。
食料は自給自足。
どっかの村長だか市長はキノコを取って食う。
でも大丈夫だという。
果たして真実はどこに。

それとは別に、炉心は溶融してないと言ってた。
二ヶ月も経ってから、実はメルトダウンしてましたと言う。
何を信じるべきなのか。
もう二ヶ月ぐらいしたら、実は圧力容器壊れて大穴開いてました
とか言うんだろうか。(別に驚かないけど)

直ちに影響は無いと言う。
じゃあ、長い時間では影響あるのか言え。

テレビでやってたけど、福島の漁師が舟は無事だったが、
放射能の影響で漁に出られないと。
原子炉がなくならない限り出られないのではないかと思った。
いつまた、新たな放射能漏れを起こすかも知れないのに、
あれがある限りは無理なんじゃないかと思った。
実際問題々なのかは私にはわからないが。



______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13