知らんかったぁああぁぁあ!!2010年05月22日 19:16

今日何気にAmazonのトップページを見たら・・・
ハケット先生ことSteve HackettのOut of the Tunnel's Mouthなる
アルバムが下の方に表示されてた。
なんじゃこれと思って見てみると、発売が来月8日になってるが、
何故か中古がある。
神野レコードからはなんの報せも来てなかったはず。
と思って見ても検索しても出てこないし。
更に調べてみると去年の10月に出てた?
なんじゃそれ?
先生またレコード会社変わったん?
と、ランボルギーニレーベルのことをちょっと思い出した。
てか、ついこの前加美野から来たメールにはstevehackett.comと
末尾にはあったが、hackettsongs.comという新たなサイトが
これまた知らぬ間に立ち上がってたり。

来月発売の分は英語版のWikipediaによると、
なんかよくわからんけど、法的な理由で伸びた?とかどうとか。
来月発売の分はライブのボーナスディスクがついてる。
ライブCDはたぶん一回しか聴かないだろうなぁ・・・
と思って、取り敢えず日本のお店の中古を注文してみた。
これはオマケ無しの1CD版のヤツ。
来月2CD版を買うかどうかは未定。
てか、Amazonでハケット先生の予約はあまりしたくない。
To Watch The Stormsの時だったと思うが、予約して、発売日が来て、
全然発送される気配が無くて、一回キャンセルして注文し直したら
すぐに来たというKonozamaを経験したので。
以来、紙野レコードで買うようにしてた。

さてその英語版のWikipediaには参加ミュージシャンも書いてあった。
ちょっと意外だったのは、クリス・スクワイヤと
アンソニー・フィリップスでしょうか。
それと気になったのはドラムがいない。
もしかしてまたドラム無し?
打ち込みのみ?
あぁ、早く聴きたい。
過去、ドラムがリンドラムのみとか、ベースがシンセのみという
アルバムがあったけども、特にhighly strungは良い曲が多いので、
ベース不在は残念でならなかった。
そんな不安と期待。

先述のTo Watch~の時はちょうど失業中で、
Brand New聴きながら面接に行ったのも今は良い思い出。
ここ数年は比較的平穏な日々を送ってるけど、
なんか新しい展開でもあるんかと、妙な勘ぐり。(^_^;)
てか、Out of the Tunnel's Mouthというタイトルがね、あまりにも・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
2019年7月時点の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13