Music Series ONE2007年11月17日 20:37

買ってみた。(^_^;)
ALESSANDROの Music Series ONE。
先日挙げた候補の中では一番安い。
まぁ、そもそもなんでそんなもんを買ったのかと。
最近何回か書いてるように、ヘッドホンで音楽を
聴く気になれない日々が続いていた。
k240sは良いヘッドホンだと思う。
今まで使ってたPioneerの骨董品なんかとは
比べものにならないぐらいに。
ただその素直な特性とか、味付けの薄さに
飽きてきたのかもしれない。
所詮は糞耳、やはりある程度の味付けが無いと
楽しいと感じられないのかもしれない。
で、取りあえず開放型に興味を持ち、
先日の候補になったと。
で、「ロック向き」と言われているMS1に決めた。
サイフにも優しいし。(^▽^がはは!
本当は大奮発してSR225を買おうとしてたのはナイショだ。
在庫無かったし。

ほいほい、音屋さんにて発注。
今回は非番の日に届くように時間も指定した。
この3連続泊り勤務を乗切ったご褒美にと。

また無地の箱で来た!と思ったらHOSAの箱だった。
シールドケーブル用のL型プラグも買った。
昔、師匠がくれたのが錆でどうしようもなくなったので。

使い始めの第一印象を書連ねてみる。
O型、低学歴、非ヲタの為そこら辺ヨロシク。

  • k240sとはまったく違う音の広がり方
  • ボーカルは男性女性に拘らず聴き取りやすい。
  • しかしボーカルは堅くて粗いカンジがする。
  • シンバルの減衰はまぁまぁ(勿論k240sには劣るが)
  • ナイロンギターはイマイチか。
  • ドラム、特にスネアがカッコ良く聞える。
  • 高いタムも良いが低いタムはイマイチ。
  • どんなリバーブをかけてるかよくわかる。
  • 低音は圧力は感じないが量は出ている。
  • ここいらへんで鳴る音がある。(ちょっとビックリした)
  • 装着感は悪くない。(長時間でもOK)

まぁ、ざっとはこんなカンジか。
ボーカルの堅さ・粗さは半日鳴らし続けてマシになったような。
エージングが進むと評価も変ろう。
ドラムがなにせ格好良く聞えてしょうがない。
始めHA400でならしたが、音の薄さにビビった。
0404|USBではちゃんと鳴ったが。
HA400はなぁ・・・

取りあえずRushから始めて、よう子たんを聴いていた。
攻殻機動隊のbe humanを聴いていて
「goodbye my master」を聴いた瞬間、涙が出てきた。
大げさとか嘘ではない。
まぁ、あのシーンを思い出したせいもあるが。
なんかこう胸にギュウッと来るものが・・・
慌ててk240sに差し換えてみたが、あれ?
感じない・・・
これはもしかして、もしかすると・・・
k240sではイマイチだった「サイバーバード」も
比較的スピーカーで聴くのと近い感覚で聴ける。

低音はこういうのもオモシロいかも。
スッキリとしているが、ちゃんと出てるし。
ただ、ベース弾くときには音が堅すぎてダメだった。
モニター用途はやはりk240sの方が良い。

エージングは取りあえず100時間目標で。
以下続く。

オマケ
ベースがボディ横なんで付け替えたジャック。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
令和最初の日本国総理大臣の姓(名字)をひらがな二文字で
ちなみに「かん」ではない

コメント:

トラックバック


______________________________
Twitterでもお気軽にどうぞ。
旧外部掲示板はこちらです。

______________________________
当ブログ内検索

注意!サイドバーにある単語で検索しちゃダメよ。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


count from 2010-04-13